おねしょ特ダネ情報局

MENU
おねしょの薬ってあるの?
MENU
おねしょの薬の副作用について
MENU
おねしょに効く鍼治療について
MENU
おねしょについての検査とは?
MENU
おねしょの治療方法について
MENU
おねしょのアラーム療法治療について

おねしょの薬ってあるの?

おねしょ特ダネ情報局メイン画像

おねしょの治療のための薬には、(1)三環系坑うつ薬、(2)副交感神経遮断薬、(3)坑利尿ホルモン薬の三つのタイプがあります。

おねしょの薬ってあるの?

おねしょというのは、体の機能が未発達で寝ている時に作られるおしっこの量と膀胱の大きさがあわない場合に溢れ出てしまって、寝間着やお布団を濡らしてしまうという状況になることで、幼児期の子どもにしてみれば、無意識に起きてしまう致し方ないことです。

ですから、ある程度大きくなるまでのおねしょに関してはあまり心配する必要はありません。

ただし、小学校にあがる辺りになってもおねしょの状況や回数が変わらないという場合は、おねしょを治療するという必要がでてきます。

おねしょにも様々なケースがあるので、その治療法が様々なのですが、その一つには薬の服用があります。

おねしょの薬には大きく分けて三タイプの種類があります。

(1)三環系坑うつ薬「アナフラニール」、「トリプタノール」、「トフラニール」などがあります。

薬の作用としては、尿を膀胱に貯めやすくしたり、尿意覚醒を促進したり、また、眠りを深くするなどがあります。

(2)副交感神経遮断薬副交感神経遮断薬には「ポラキス」、「バップフォー」などがあります。

昼間のお漏らしに効果があり、おねしょの場合には他の薬を併用して服用する場合が多いです。

薬の作用としては、膀胱に尿を貯めます。

(3)坑利尿ホルモン薬坑利尿ホルモン薬には「デスモプレシン点鼻液」、「デスモプレシン・スプレー」などがあります。

薬の作用には尿の量を減らしておねしょを抑制します。

効果の高い薬ですが、服用を止めるとすぐにおねしょしてしまうので臨時的に修学旅行などの宿泊時に利用する場合が多いです。

おねしょ特ダネ情報局 Copyright (C) www.blackopscheats.org.